借入方法

 

家族にばれない借入

「妻にお小遣いが少なすぎると言っても、増やしてもらえない。」「夫に内緒でランチ会、でも高級レストランや料亭ばかりでお金が続かない。」家族に言わずに借りたいということ誰でもあるものです。家族にばれない借入はどうやったら確実にできるのでしょうか。もちろんこっそりと借りることなく、話し合いができればベストではあります。でも言いにくい、言ったけれど解決策はなかったという時には内緒での借入を検討することになるでしょうか。

 

家族にばれない借入を利用したいのなら、郵便物や電話連絡など自宅への連絡などに注意を配りましょう。申し込みはネットでできたとしても、借入のためのカードが郵便で届き自分で受け取らなければ当然分かってしまいますよね。その他の郵便物は勤務先など違う住所に送られるように設定できても、最初のカードは自宅に送られてくるものが多いのです。また貸金業法の改正によって利用するATMによっては後日明細書が送られるということが義務付けられることになりました。貸金業者からの借入なら利用するATMにも注意を払いましょう。

 

ですから、あえてカードが発行されずネットで全て借入や返済を済ませることができるローンを選ぶ、あるいはカードを店舗や自動契約機等で受け取ることができるローンを選ぶようにしましょう。ローンの中には、条件を満たしている方には電話連絡なしでメールでのやりとりで利用できるものもあります。これなら自宅には郵便物がありませんので、返済に遅れることさえしなければまず家族には分からないということになります。家族にばれない借入は、キチンとした返済ありきということになるでしょう。

 

自宅への電話連絡が入ることで、借入をしようとしていると分かってしまうことが多いようです。本人確認、審査結果などで電話連絡が入ることがほとんどですから、この際の連絡先は必ずスマホや携帯の番号を書いておきましょう。以前は審査では自宅の固定電話を書かないと通らないといったことが言われていましたが、現在は固定電話を置かない家庭も増えているため審査の結果を左右することはまずないとされています。

 

借入の利息計算はどうやってする?

借入前に利息計算を様々なパターンで行って比較してから借入先を決めましょう。利息計算は、金利の違いによって比べてもよいですし利用期間や利用額を変えて試してみるのもよいですね。とにかくたくさん計算してみて借入計画をしっかりと立てることに意味があります。

 

カードローンでの利息計算を試してみましょう。カードローンでの利息計算は、利用額×金利÷365日(うるう年では366日)×利用日数で行います。50万円を18%で30日借りた場合と、15日間、5日間の利用日数による利息の違いを見てみましょう。50万円×0.18÷365×30日=7397円ですね。15日間の利用なら3698円、5日間なら1232円となります。カードローンでは随時返済を受け付けていますので、少しでも早く返すとそれだけ利息での負担を軽減できます。

 

また、金利が低いローンを選んで利用するということも大切です。限度額の大きなカードローンでは金利が低いものが多く登場しています。しかし初めてカードローンを利用する場合には、最高金利が適用されることが多いですね。カードローンの金利比較では、その後の利用計画なども含めて考える必要があります。

 

少額を短期間で返済してしまうといった予定なら最高金利が低いカードローンを探しましょう。ずっとカードローンを使っていく予定にしている場合や、一定期間経った後には限度額の増額をして金利を下げる事を計画しているのなら、最低金利も低いローンを探す必要があります。

 

利息計算をきちんとしておくと、毎日利息を支払っているという意識を持ちやすいので返済時にもより早く返してしまおうと考えることもできます。利息計算をすることでカードローンの利用方法も含めて、借入計画が変わってくる可能性もあるでしょう。もちろん利用中にも増額借入などをしたらこまめに利息計算をし直しましょう。返済計画の見直しにもつながりますので、できれば増額して借入をする前に利息を把握しておくことが大切です。